読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(゚∇^*)

気にするなぁ

プログラマ辞めたい人へ

最終警告 プログラマを辞めたい人へ 

こんにちは、最終警告です。
まずは自己紹介させていただきます。
そして興味をもたれた人は、コンテンツへと移ってください。

私の自己紹介
私は約5年間プログラマとして働いてきました。
主にウェブ系プログラマとして働きました。

プログラマになろうと思った動機ですが、PC作業の効率化が目的でした。
すげぇハッカーになってやるぜっていうそういう熱意は無く、ただ日々のルーチン化できる作業を自動化したいという理由だけで就職しました。
現場で学びつつスキルも付き、やりたいことを叶えることが出来る。そういう安易な考えでした。

就職は簡単でした。

当時、私は説明会へ行き、そこでウェブ系の企業に応募し、そのまま就職しました。
プログラミングは全くやった事がなく、ただ自動化したいという熱意だけでやっていましたね。

for が複数回使われたら、頭で処理できないくらいの能力です。

しかし、必死に頭を使うことで for や ifにも慣れました。
人間って慣れるものですね。

そこから会社を転々とし、合計5社でプログラマを経験しました。
素人しかいない現場、東京でバリバリやってきた人がいる現場など。。

素人しかいない現場でのプログラマは、プログラマというよりスクリプターという感じです。
仕様もテストも全て自分で管理できるので、やりたい放題です。
つまり、全然出来てなくても問題ないという事で、それでプログラマ?というのはどうかと思っていました。

バリバリの現場では、コードの1行1行に対してレビューが行われました。
スキル向上が出来たのは、こういうバリバリな現場でしたね。

そこでスキルも磨かれました。

で、結局、私はプログラマとして生きるのは無理だと思いました。
そもそもプログラマとして働くという意思は無く、自動化したいという安易な考えで業界に入ったわけです。
業界の人からしたら、ふざけんなって話です。

私もそう思います。でもこの5年間で、当初私がやりたかったことは全て実現できました。
そういう意味では、この業界で働けた事に感謝します。

感謝の意味もこめて、5年間で感じた事を述べたいと思います。

私はエンジニアというより、ただのスクリプターでしたので、エンジニアから見たら、能力不足の人間です。
どの現場でも能力不足を痛感してきました。

日々スキルを磨いても能力不足の連続で、正直、精神的にきつかった思いしかありません。
世の中にも私のような人はいらっしゃるかと思います。

下記のようなキーワードが人気な理由も理解できます。

プログラマは 孤独
プログラマは うつ
プログラマを辞めたい
プログラマ 転職

私も凄い共感できるので、上記のキーワードを題名にして思ったことを書きたいと思います。

プログラマは孤独
別にプログラマは孤独ではありません。バリバリ仕事が出来る人は自分にも自信があり、周りとコミュニケーションを取っていました。
私の場合、能力不足だったので自分が萎縮してしまい、自分でそういう孤独な状態を作っていました。
コミュニケーションも億劫になって、孤独になってしまっていたと思います。

プログラム難しいーわからないー教えてーって言える人間なら良かったですね。
結局一人で抱え込んでしまってましたね。いわゆるコミュニケーション不足って奴ですね。

孤独な状況を作っているのは自分であって、プログラマが孤独なわけではありません。
プログラマは仕様の打ち合わせやコードレビューで社員と打ち合わせや話し合いを行います。
飲み会なども参加する権利はあります。

でも仕事に追われて、そういう事をやるエネルギーも無く、結果的に孤独になってしまったんじゃないかなと思います。

作業をしている間は、裏方の仕事は基本的に孤独な作業です。

その作業が孤独と感じてしまってストレスを感じるのであれば、あまり向いてないかもしれませんね。
私も当初は、そうでした。ワイワイ!とコーディングするかと思っていましたが、そんなわけも無く終日無言で作業することもありました。

慣れる事は出来ますが、慣れて欲しくないですね。

プログラマは うつ
鬱になりやすいと言っても過言ではありません。鬱になる分かれ道は幾つもあったはずです。
それを全て飲み込んでしまっているため、結果的に鬱になってしまいます。

主に下記2つじゃないかと思います。
能力的不足
無理な納期

どっちにしろ、体や精神が無理をしているわけで、無理をするとストレスが発生し結果鬱になります。
無理だと思った状態で続けると心身ともに負荷がかかってしまうので、そこは上手いとこ回避しないといけないですね。
壊れても経営陣は助けてくれません。

誰も助けてはくれないので自己管理をしっかりやりましょう。

プログラマ うつ で検索する人は、今プログラマで鬱っぽいので検索してみたって人が多いかと思います。
常に納期に縛られ誰かに監視されって言う状態なので、そりゃ鬱状態にもなりますよって話です。

スケジュール管理ができていない人は、結果的に追い詰められているような感じがして鬱になっているんじゃないでしょうか。
全て自分がYesと受け取った仕事にもかかわらず、次から次へと仕事が来ると言う、負のループ状態になっています。

今すぐ改善しましょう。スケジュールの内容を整理し、優先順位をつけて一つ一つ着実に仕事を片付けましょう。
一度に全て頭に入れて仕事をやっていませんか?凄いエネルギーを使うので、今やっている仕事だけに集中して片付けていきましょう。

プログラマを辞めたい
辞めたい、辞めた後どうなったか?そういう背景を知りたい人が検索すると思います。
それを知ってその人が幸せそうだったらプログラマを辞めるのか?って話です。。

ぶっちゃけ辞めてもエネルギーがあればどの業界でもやっていけると思います。
そのエネルギーを削られるような無理な状態なら辞めた方がいいです。

エネルギーが削られていっているわけです。どっちにしろ最終的には辞めると思います。
しかし辞めた時に、そのエネルギーがないと他の道で生きていくためのエネルギーが無く鬱になって引きこもってしまうかと思います。

そうなる前に、辞めるのは賢いです。

辞めてもエネルギーがあれば問題ありません。
自分の内側から沸いてくるエネルギーは絶対に無くさないで下さい。
それがある限り、絶対に大丈夫です。

プログラマ 転職
プログラマの転職?同じ業界の別の会社に転職する事はよくあることです。
そこは別に問題ありません。多分、気になるのは異業種への転職だと思います。

問題ありません。プログラマーが異業種へってプログラマじゃなくて、その人自身の問題です。
異業種で必要な知識やスキルも、その人にやる気があれば別に全く問題ありません。

逆にプログラマとして何か有利になる職業はないかと楽な考えはよくありません。
異業種に入ったとしても、全く0から学ばなければいけない事はたくさんあるので、そんなモチベーションじゃ、どの業界もやっていけません。

正直、どの業界でも本人次第です。
プログラムが出来るので、、っていう既存のスキルのみに頼った人材は企業は必要としてないです。
色々と企画が出来て尚且つ向上心を持って取り組んでいく人が求められています。

プログラマの転職 と言うより自分が何をしたいのか?どういうことをしたいのか?見つめなおしてください。
ネットに貴方を動かしてくれるような幻のような文言や文章はありません。

■そもそも自分はプログラマじゃない
動けばいいという考えの人はプログラマじゃないです。プロ意識の無いコーダーです。
私も最初のうちは動けばいいと考えていました。しかしそれではいけません。
保守性や可読性を意識してコーディングしないといけないようです。

後先の事を考えちゃんとコーディングできないと現場では勤まらないですね。
プログラムにも品質が存在するので、品質がよく尚且つ早い人が職場でプログラマとして働けるかと思います。

能力が低いと品質も悪く遅く使えない人になってしまいます。
品質が低いと、今はよくても後々修正する際に、また一から読まないとわからないといった膨大な時間が掛かってしまいます。
コードレビューをしてくれる人にも手間やストレスを与え、マイナスしか生まない人になってしまいます。

■プログラムの何が好き?
プログラムの何が好きと言われても何もって感じです。
ただ自動化するための道具?手段?のために使っているだけであってプログラム自体は好きじゃないです。
プログラムを見ると 幸せ~って感じることなんて皆無です。

やはり、プログラムが好きなのではなく、プログラムしている自分が好きなのと、出来上がった達成感が好き なんでしょうね。
なのでプログラム自体に深い知識は求めず、出来る範囲でしか学ばないため、成長せずに能力不足となるんでしょう。。

 

色々と書きましたが、まだまだかける事は盛りだくさんです。
今日はこのくらいにしておきます。